<< 上海生活の思い出:vol.1 初めて上海に来た | main | 上海生活の思い出:vol.3 ELCでの日々 >>

上海生活の思い出:vol2.復旦大学留学(一年)

2007年2月〜2008年1月

短期留学ですっかり中国にはまってしまった私。
就職活動でも中国関連の仕事を!と息巻いていましたが、
ふと気づいた時に気になったのはこの中途半端な中国語。

短期留学帰国後に中国語検定3級に合格。
一か月でこれだけ詰め込んだらまずまずなものの、
3級レベルじゃあ、中国語話せますなんて恥ずかしくて
言えたもんじゃない。

そんなときにふと聴いていた台湾のラジオから流れてきた
中国語の歌を聴いて思い立ってしまったんですね。
これが2007年12月のこと。閉め切ってしまった留学の受付を
どうにか大学の国際交流課のスタッフさんに頼み込んで、
ビザ、健康診断、引っ越し、卒論をどうするか?
…色々と急いでの準備になりました。

今考えたら急にこんなことを言い出して、家族や友人は
びっくりしたと思います。
大急ぎで行った準備も無事に終了して、
一年間の復旦大学の留学が始まりました。

大学のレッスンは月〜金の午前中。
スタートはなんと8時。

留学はどうだったかと言うと…
大学生らしく遊びまくったし、国内旅行も予定していたところに
行けたし、大満足だった。

家賃1200元(当時で2万円くらい)のアパートに住み、
上海から卒業論文を提出し、
韓国人、インドネシア人、タイ人、フィリピン人…
たくさんの友達が出来て、HSKは最終的には7級をゲットして
終了した上海留学でしたよ。


あれよあれよと参加することになったスピーチコンテスト


スピーチコンテスト




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
シオリのつぶやき
selected entries
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座